ホーム > ヘリコプター航空事業の取り組み >ヘリコプターの整備

確かな技術で航空安全を支える整備士たち

ヘリコプターの整備

整備作業の効率を高めるだけではなく、優れた技術と鍛え抜いたプロの目で 航空機のオーバーホール、組立て、機体・エンジンの保守・点検整備、修理改造検査等の各種検査、無線局の新規開設、設備変更等、航空機整全般を行います。
ロビンソン・ヘリコプターの機体・エンジン整備についてはアメリカに所在するロビンソン社及びライカミング社との交渉並びに国土交通省航空局との折衝をすべて行います。
20年以上のキャリアを持つ整備士がヘリのオーナー様の心強い味方となるべく妥協のない仕事を責任を持って実施します。

定期点検・耐空検査

25時間点検をはじめとする各時間点検及び耐空検査の実績を積み、平成19年1月に岡南飛行場に格納庫を建設しました。
これまで蓄積した技術をノウハウとして確かな仕事をリーズナブルな料金設定で実施しております。
新規登録、変更登録等、国土交通省航空局や電波局等の行政機関への申請・諸手続きも代行します。

航空機新規組立・オーバーホール

ヘリコプターを新規に輸入した場合、岡南基地にて組立て作業を行っております。
ロビンソン・ヘリコプターR22及びR44については当社にてオーバーホール(分解整備)できる体制を整えております。
オーバーホールを自社で実施できるため、アメリカのロビンソン・ヘリコプター社でオーバーホールする場合に比べ、大幅なコストダウンが可能となります。